テンプレート:Refnest/doc

From 日本TW架空国家WIKI
Jump to navigation Jump to search

脚注 <ref>...</ref> を入れ子にするためのテンプレートです。マジックワード {{#tag:ref| }} を利用しています。

使い方

通常の <ref> タグを用いた文章を、さらにこのテンプレートで囲ってください

※2015年9月13日現在、脚注文章の中に"="(ASCII文字のイコール)が含まれているとエラーになります。回避策として&#61;または{{=}}を使用してください。もしくは暗黙の引数部分を |1=脚注文章 と明示的に示す形でも構いません。

ここに本文を書きます{{refnest|group=注|ここに脚注の文章を書きます<ref name="a">ここに出典などを書きます。</ref><ref>出典2。</ref><ref name="a" />。}}。

=== 注釈 ===
{{Reflist|group=注}}

=== 出典 ===
{{Reflist}}

ここに本文を書きます[注 1]

注釈

  1. ここに脚注の文章を書きます[1][2][1]

出典

  1. 1.0 1.1 ここに出典などを書きます。
  2. 出典2。

引数 name を使う場合

ここに本文を書きます{{refnest|group=注|name=b|ここに脚注の文章を書きます<ref name="b">ここに出典などを書きます。</ref><ref>出典2。</ref><ref name="b" />。}}。続いて本文を書きます<ref group="注" name="b" />。

=== 注釈 ===
{{Reflist|group=注}}

=== 出典 ===
{{Reflist}}

ここに本文を書きます[注 1]。続いて本文を書きます[注 1]

注釈

  1. 1.0 1.1 ここに脚注の文章を書きます[1][2][1]

出典

  1. 1.0 1.1 ここに出典などを書きます。
  2. 出典2。

リスト定義時のエラー

ソースコード上で脚注を記述するとき、本文内のリンク記号位置でなく脚注表示位置に記述することができます。たとえば <ref name="○○">...</ref> のように記述された脚注を、<references>...</references> 内に置く、または {{Reflist|refs=...}} 内に置くなどの方法があります(「リスト定義」。詳細はH:LDRを参照)。

しかし、現在のところ、ここで{{Refnest}}を用いても正常に動作しません。たとえば次のコードはエラーとされます。

記述例 表示結果
記事本文です<ref group="注" name="noteA" /><ref group="注" name="noteB" />。

== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{Reflist|group=注|refs=
<ref group="注" name="noteA">この脚注は正常に生成されません。</ref>
{{Refnest|group=注|name=noteB|このように入れ子脚注をリスト定義したとき、それより先に記述されたリスト定義脚注が正常に生成されず、その個数分、後の脚注が表示されなくなります<ref>この脚注は表示されます。</ref><ref>この脚注は表示されません。</ref>。また、以下のようなエラーメッセージが表示されます。}}
}}

=== 出典 ===
{{Reflist}}

記事本文です[注 1][注 2]

脚注


注釈

  1. 1.0 1.1 この脚注は正常に生成されません。
  2. このように入れ子脚注をリスト定義したとき、それより先に記述されたリスト定義脚注が正常に生成されず、その個数分、後の脚注が表示されなくなります[1][2]。また、以下のようなエラーメッセージが表示されます。
Cite error: <ref> tag defined in <references> has no name attribute.

出典

  1. この脚注は表示されます。

この問題の詳細についてはテンプレート:Bugを参照してください。

引数

引数の一覧
引数 指定内容 既定値 説明
1 脚注の本文
group グループ名 <ref group="">{{{1}}}</ref> に相当します。
name 識別名 <ref name="">{{{1}}}</ref> に相当します。

TemplateData

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Refnest

refタグを入れ子にするために使います。

Template parameters

This template prefers inline formatting of parameters.

ParameterDescriptionTypeStatus
本文1 refn

表示する内容

Stringoptional
refタグの名前name

その注釈を複数回使う場合は、2回目以降のname指定用の文字を入力。最初の一文字目が半角数字であってはならない。

Stringoptional
refタグのグループgroup

refタグをグループ分けする場合は、グループ名を入力。

Example
Stringoptional

関連するテンプレート

  • {{Efn}} - 脚注を入れ子にする別のテンプレート(主に注釈用)

関連項目