海華共和国のニュース/株価

From 日本TW架空国家WIKI
Jump to navigation Jump to search

8月7日

海平株価800幺超える

昨日海華平均株価前営業日比が800幺を超えた。これは海華第三好況(第三好況)崩壊以来、実に16年ぶりのことである。第三好況は1992年に海外に先駆けて起こった、海華第三次産業革命(IT革命)の利益によるものだが世界各地にIT技術が普及したことと、世界全体で不況に陥ったことにより2003年頃から景気の低迷に苦しめられ、平均株価も現象の一途を辿っていた。しかし、2013年に海華共和国首相に就任した李平溫(Richard Pierson)の提示した経済政策のピアソノミクス(Piersonomix,平溫経済学)により、少しずつだが自体は好転し始めた。2016年には年間平均株価が上向きになった。しかしながら本国の景気は未だに不安定である。海華中央株式市場では「この不況下において、一時の上昇は全てを保証するわけではない。常に動静を見張らねばならぬ」と決して楽観視のできない声が多く伺えた。<海華新報>