海華共和国の教育

From 日本TW架空国家WIKI
Jump to navigation Jump to search

|

概要

海華共和国では教育政策は最も重要な国策の一つと考えられており、国民の意識・関心も高いものである。そのため、官立において幼等学校、初等学校、中等学校、高等学校にかかる授業料などの経費はほぼ全て国家が負担しており、大学に関しても平均50%ほどを国家が負担している。

海華の教育においては個人の能力の開発・成長に比重が置かれているため、試験が重視されている点に特徴を持つ。就職や進学では学歴を問われることが多いが、海華の場合どの学校に入学・卒業したか否かではなく、試験・学位における成績や保持している資格を強く見られる。しかし社会人が高レベルの勉強をして大学に入学しなおし、学位を習得したり、成人後に技師や医師や弁護士などの資格習得に挑戦することが比較的容易である。

また西洋から教育制度を導入した際、最も参考にしたのがイギリスであったため、3学期制や授業が9月から始まること、教育制度などを当国から影響を受けている。

教育制度

年齢 期間 グレード 学年 forms 最終試験
保育
5-7 1学年-2学年 1-2 幼等学校
7-11 1学年-4学年 3-6 初等学校
11-14 1学年-3学年 7-9 中等学校
14-18 1学年-4学年 10-13 高等学校
大学

教育内容

国家の就学補助