鳳凰日ノ本皇國

From 日本TW架空国家WIKI
Jump to navigation Jump to search

鳳凰日ノ本皇國


鳳凰日ノ本皇國
फीनिक्स के इंपीरियल
の国旗 [[ファイル:三ツ割菊 .png|border|125px|の国章]]
国旗 国章
国の標語:ひい人は皆の衆べく
国歌:「皇國歌」
公用語 鳳凰語
首都 御代府
最大の都市 御代府済南市
政府
天皇 第132代天皇岩仁
内閣総理大臣 麻生悟志
臨済宗林徳禅寺方丈鳳凰庵太源
面積
総計 598,700km²
水面積率 1.2
人口
総計 150,120,010人
人口密度 2.507人/km²
GDP(自国通貨表示)
合計(2017年) 4兆2116億圓
GDP (為替レート
GDP (PPP)
合計(2017年) 4兆2116億ドル(0位
1人あたり 42200.4ドル
建国
四方乃神國 建国前600年頃
鳳凰日ノ本皇國確立(四国統合)後3世紀頃
鳳凰族政権開始1680年5月1日
僧令公布1805年1月15日
現行憲法公布1912年9月1日
通貨 圓 (ð)
時間帯 UTC +0~+13(標準時間は本土の+9)(DST:なし)
ISO 3166-1 不明
ccTLD 不明
国際電話番号 81

お知らせ

現在、ページ作成中です。

国家概要

東アジアに位置する国家である。仏教思想のもとに発展した国家であるため、国内のいたるところに寺院があり天皇も僧侶である。第28代天皇により書かれた仏教護国論により、元旦と秋彼岸に護国大般若祈祷が奉修されている。

領土

日本列島と朝鮮半島を領土とする国家である。
鳳凰日ノ本皇國全図.png

国号・国旗

国号

国号中の「鳳凰」とは、四国統合以前に存在した鳳凰皇國より引き継いだ。日ノ本は、四国統合時に付けられたことが「鳳凰記壱巻」に記されている。鳳凰記によれば、「皇所は日の昇ところであり日ノ本を名乗る」とされる。鳳凰記の解説本によれば、「皇居は日の昇るところに在る。天皇はこのことにより日ノ本と名乗っていた。」と解説されている。 1.四方乃神國(四世紀ころから)

歴代の国号

鳳凰記に記されている歴代の国号は、以下の3つがある。以下の3つ以外にも様々な国号が使用されていたが、短期間若しくは領土が小さかったために鳳凰記には記されなかった。

鳳凰記にある歴代の国号  初、四方乃神國  弐、鳳凰王国  参、鳳凰日ノ本皇國

鳳凰記に記されていないが、使用されたことが確定している国号  鳳凰皇國(領土が極端に小さかったため記されなかった)  釈尊王国(領土が極端に小さく使用年数が少なかったため記されなかった)  草薙王国(草薙尊が独自に国号を定め、本人及び支持する者しか使用していなかったため)

国旗と国章

鳳凰日ノ本皇國 菊花旗.png

鳳凰日ノ本皇國旗、通称菊花旗である。中央菊の花は天皇を表しており、地の色である黄色は国民象徴の色である。デザインは、17世紀に決定されそれ以来使用され続けている。

三ツ割菊

鳳凰日ノ本皇國章、通称三ツ割菊花である。菊は国民、天皇を表しており国家標語である「ひい人は皆の衆べく」にそったデザインとなっている。20世紀に正式に決定され国章となった。

国民

宗教

国家宗教は仏教であり、菩提達磨を初租とする禅宗。そのなかでも、臨済禅師を宗祖とする臨済宗を主に信仰されている。本国宗教信者の内訳は、仏教(臨済宗)90%、仏教(臨済宗以外)7%、その他諸教3%であり、国民の多数が仏教臨済宗である。 古代本国には各地方によって天皇を神と崇拝する天神道や自然崇拝を行う自教、願人を崇拝する願人教など様々な宗教が存在した。しかし徐々に各宗教が仏教を取り入れはじめ、古代に存在した宗教は自然に廃れていった。四国統一後、古代より存在する宗教を完全に排除し仏教を国教とする力が強くなり、古代より存在する宗教は完全に廃れた。

言語

日本語によくにた鳳凰語が話されている。初めは唐音で話されていたが渡来人によって日本語がもたされた。これによって独自の言語「鳳凰語」が完成した。このほかにも、大黄語や天人語なども話されていたが、現在は歴史的文献に登場するのみであり、一般的に利用されることはない。

国民の休祝日

国民の祝日は、国民の祝日に関する法令にて決定されている。仏教に関する祝日が大多数を締め、建国記念等皇室に関する祝日、国家・文化に関する祝日も存在する。

歴史

四国時代から南北王朝時代

紀元前600年から紀元前500年にかけて主要四国が建国された。天来、釈尊王国が合併し四方乃神國を建国、その後和国橘民国を併合しほぼ現在の領土となる。その後三保天皇と庵原皇子が対立し、北部に庵原皇子が鳳凰皇國を建国する。その直後、釈尊王国の子孫であった釈草薙は旧釈尊王国を領土とし草薙王国を建国。

王国時代から王権時代

草薙王国、鳳凰皇國の建国を知った三保天皇は直ちに草薙王国、鳳凰皇國に国家の解散を求める。しかし、二国はこれを無視し統治を続けた。これに怒った三保天皇は直ちに討伐部隊を派遣し、二国は再び併合される。これにより鳳凰天皇尊天来を建国する。その後完全王政の「鳳凰天皇治令」を公布し朝鮮半島を統合して、9世紀頃鳳凰日ノ本皇國に国名を改める。12世紀に皇室は旧天来の王族で武家であった鳳凰族と日立族に一部統治権を譲る。1741年鳳凰族の後継者がいなかったことから統治権を皇室に返し再び王政になる。

旧制鳳凰日ノ本皇國

旧憲法により天皇主権から国民主権になり、国民民主制になる。1912年現行の憲法施行により議会法等が制定され、新制鳳凰日ノ本皇國が開始した。

天皇・王族

詳しくは「鳳凰日ノ本皇國/王族」を参照

天皇は鳳凰日ノ本皇國の国王である。王族とは皇族の他にかつて国をもっていた今川王族・元仁王族・高麗王族を指す。なお、皇族以外は天皇位継承権をもたない。

行政・立法・司法各機関

行政機関

詳しくは「鳳凰日ノ本皇國/行政」を参照

行政である内閣府は、内閣府の首長である内閣総理大臣とその他国務大臣、各長官からなる機関である。内閣総理大臣は国会にて国会議員から選出され指名される。国務大臣及び長官は内閣総理大臣より指名される。内閣総理大臣、国務大臣、各長官は天皇より任命される。

現在の内閣総理大臣
政党
92 麻生悟志 自由国民党

内閣府の下に複数の中央官庁がある。省の長を大臣、庁の長を長官(例外あり)といい、主に国会議員が務める。

立法機関

詳しくは「鳳凰日ノ本皇國/国民議会」を参照

国会は、上部院と下部院の二院から構成される二院制の立法機関である。国家唯一の立法機関であり、国権の最高機関である。両院とも国民を代表する総選挙により選出された国会議員により組織されている。 本国には1660年ころから立法機関に準ずる「鳳凰統治之集」があり、そこで各地代表民が選ばれ会議を行っていた。

司法機関

鳳凰日ノ本皇國憲法により、司法権は裁判所が行使する。戒厳令施行時など特別な時に限り議会の承認を得て軍法会議などの特別裁判所が設置ができる。今までに2回特別裁判所が設置されている。

裁判所
大審院 大審院院長
上等裁判院 上等裁判院院長
地方裁判所 地方裁判所長
治安裁判所 治安裁判所長

国防・軍事

鳳凰日ノ本皇國軍は陸軍、空軍の二軍から構成され、兵部省の管轄である。人員は、陸軍約12万人、空軍は約5万人予備役まで合わせると、30万人になる。本国では志願制を採用し、入隊には国防学校卒業を必須としている。鳳凰日ノ本皇國軍の前身は鳳凰親衛之集であり、主に天皇の護衛についていた。

教育

本国では「子どもの権利条約第28条」により、六歳から初等教育5年、中等教育3年と初期高等教育1年を必須教育(義務教育)とし、すべての者に無償で施している。必須教育以外にも、高等教育を施す高等学校や大学もありこれらは有償で施してる。

教育課程別の学校

初等教育を施す学校を初等教育学校(通称小学校)、中等教育及び初期高等教育を施す学校を中等教育学校(通称中学校)、高等教育を施す学校を高等教育学校(通称高等学校)、専門高等教育を施す学校を大学校という。小学校では国語等の基礎教育を行い、中学校では基礎教育の上に簡易専門教育及び初級高等教育を行う。高等学校では初級高等専門教育の上に高等教育を行う。大学校では専門分野にわかれてより高度な高等教育を行う。

学校と仏教

学校では仏教的思想を基にした、「道徳」の教科が置かれている。ほとんどの学校に1人から2人の僧侶(禅僧)が置かれておりこの僧侶らが道徳の授業を行っている。本国では必須教育9年間を通し、「有り難いと当たり前」の関係を身に着けることを目指している。