鳳凰日ノ本皇國/国民議会

From 日本TW架空国家WIKI
Jump to navigation Jump to search

概要

国民議会とは、鳳凰日ノ本皇國の立法府である。国権の最高機関であり、国家唯一の立法機関で上部院と下部院の二院制である。国民議会の存在は、鳳凰日ノ本皇國憲法において定められている。

国民代表機関

国民議会は、上部院及び下部院の両議院で構成し、全国民を代表する選挙によって選出された議員によって組織する。また国家で唯一、法律の公布・改正を決定したり、憲法改正の選挙を要求できる。

歴史

・1660年 鳳凰統治之集第一回会議開催

・1705年 鳳凰統治之集解散

・同   統治会議第一回開催

・1805年 僧令により国民議事會設置

・1808年 第一回国民議事議員選挙開催

・1810年 立憲会議開催

・1815年 鳳凰日ノ本皇國国民議会へ改称し、国権の最高機関に格上げ

・同   一院制から二院制へ移行

・同   第一回内閣総理大臣指名選挙開催

・1850年 天皇令により、3年間議会未開催

・1853年 天皇令により、両院召集

・1890年 第一回憲法審議会儀開催

・1912年 現行憲法施行により、国民議会に関する項目が憲法に明記

・1915年 選挙権28歳から25歳へ引き下げ

・1950年 選挙権25歳から20歳へ引き下げ

構成・組織

・上部院

 ・上部院事務局

・下部院

 ・下部院事務局

・両院審議會  ・両院正副議長部

両院の役員

両院には国民議会法によって以下のような役員が置かれる。

  • 議長

  議院の秩序の保持、議事の整理、議員の事務を監督し議事を進行する。 

  • 副議長

  議長が職務を行えない時、議長の職務を代行する。

  • 臨時議長

  議長・副議長が職務を行えない時、若しくはかけたとき議長の職務を代行する。

  • 委員会委員長、委員会副委員長

  各委員会には正副委員長を設置し、委員会の秩序の保持、議事の整理を監督し議事を進行する。

委員会

国民議会内に設置される委員会は、上下部両院の国会議員によって構成される合議制議会である。国会議員の国民議会における主な活動は委員会であり、管轄ごとの委員会による事前協議がおこなわれる。委員会には通常委員会と特別委員会があり、国会議員は役員を除きどこかの委員会に入らなければならない。

委員会  内容
総務委員会 消防、警察その他総務業務に関する審議を行う
法制委員会 難民、国内法務その他の業務に関する審議を行う
外務外交委員会 外交政策、貿易、防衛に関する審議を行う
予算委員会 国家予算、税務その他に関する審議を行う
教育文化委員会 教育、文化保護その他に関する審議を行う
国土交通委員会 国土管理、交通機関その他に関する審議を行う
環境委員会 環境問題、気象問題、環境その他業務に関する審議を行う
産業経済委員会 資源、エネルギーその他業務に関する審議を行う
民部委員会 労働、厚生に関する審議を行う
国家政策委員会 国家政策に関する全般の業務に関する審議を行う
議会運営委員会 国民議会運営に関する審議・決定を行う
災害支援特別委員会 重大な災害発生時に設置され、支援復興等の審議、決定を行う

国民議会に議席を有する政党